山本文緒の離婚理由は?結婚相手と子どもはいるの?本名も! | Aki's Scrap Book

山本文緒の離婚理由は?結婚相手と子どもはいるの?本名も!

仕事と暮らしメモ

こんにちは。

今話題になっている
小説家の1人に山本文緒さんが
いらっしゃいますね。

旦那さんはどのような方なのか、
そして、お子さんはいるのか気
になって調べてみました。

最後までお付き合い
いただけたら幸いです。

スポンサーリンク

山本文緒

プロフィール

http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi087_yamamoto/

名前 山本文緒(やまもとふみお)

本名 大胡暁美(おおごあけみ)

誕生日:1962年11月13日

出身地:神奈川県横浜市

学 歴:神奈川県立清水ヶ丘高校→神奈川大学経済学部卒業

作品一覧

『パイナップルのかなた』(1992)

『ブルーもしくはブルー』(1992)

『あなたには帰る家がある』(1994)

『群青の夜の羽毛布』(1995)

『恋愛中毒』(1998)

山本文緒さんと聞くと
一見本名のようにきこえますが、
こちらは実はペンネームで、
本名は大胡暁美さんといいます。

山本文緒さんは
神奈川県生まれの神奈川育ちです。

地元の神奈川県立清水ヶ丘高校を
卒業した後、
大学も地元の神奈川大学に
進学しています。

大学時代は落語研究会に所属し、
落語に打ち込んでいたようです。

落語が好きなんだね

大学卒業後は一時期OLとして
働いていましたが、
コバルト・ノベル大賞での
入賞経験から、
山本文緒さんは1987年に
ジュニア小説で小説家デビュー
しています。

ジュニア小説時代は、
主に集英社コバルト文庫で
作品を発表してきました。

それまでジュニア小説をメインに
書いてきましたが、
1992年から一般小説に
発表の場を移していきます。

スポンサーリンク

山本文緒はバツイチ?!

山本文緒さんは『再婚生活』というエッセイのタイトルからもわかる通り、
一度離婚し再婚されています。

離婚の原因は?

離婚の原因については
明らかにされていません。

旦那さん側に原因があったのか、
山本文緒さん側に原因があったのか
は不明です。

ただ言えることは、
山本文緒さんは一人暮らし歴が長く、
誰かと長い間ずっと一緒にいるとストレスがかかるそうです。

もしかしたら慣れない結婚生活で
長い間他人といたことが
ストレスになっていたという可能性もありますね。

スポンサーリンク

現在の旦那さんは?

相手の旦那さんについても
ほとんど情報が出ていません。

しかし、うつ病中は再婚した旦那さんが
大きな支えとなっていたことがわかっています。

2002年に2度目の結婚をした山本文緒さんでしたが、
結婚当初は現在の夫と別居生活を送っていました。

先ほども話した通り、彼女は一人暮らし歴が長いこともあり
同居するとストレスがたまるという理由などで
別居という形になったとのことです。

山本文緒と現在の夫は、
別々に一人で暮らす用の家を買っていたそうで、
お互いに一人の時間を大切にしていたそうです。

スポンサーリンク

子供は?

お子さんについても情報がなく、
前の旦那さんとの間にお子さんが生まれていたのかといったことも不明です。

山本文緒さんはTwitterもされていますが、お子さんに関する記述は見受けられないので、お子さんはいらっしゃらない可能性が高いと言えます。

スポンサーリンク

まとめ

小説家の山本文緒さんについて、
過去と現在の旦那さんと
お子さんの有無について
まとめてみました。

前夫と離婚した理由は
はっきりとはわかっていません。

その後2002年に再婚し、
現在は別々の家で
暮らしているそうです。

また、お子さんについては
言及しておらず、
子供がいない可能性も高いといえます。

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました