三文小説(キングヌー)の女性の声は誰?曲名の意味は?【35歳の少女】 | Aki's Scrap Book

三文小説(キングヌー)の女性の声は誰?曲名の意味は?【35歳の少女】

仕事と暮らしメモ


こんにちは。

昨日柴咲コウさん主演の、「35歳の少女」がスタートしましたね。

柴咲コウさん演じる10歳で自転車事故を起こしてしまい、25年間眠り続けた心は10歳、身体は35歳の少女とその家族や初恋の人をめぐる物語という部分ももちろん話題ですが、今回「35歳の少女」の主題歌をあのKing Gnuが歌うということでも話題になっております。

そのタイトルは「三文小説」です。

スポンサーリンク

歌詞

なんだか、ドラマを歌詞で表しているって感じ…まるで小説の一節のようで綺麗な歌詞。

やはりあのKing Gnuがドラマの台本を読んで歌詞を書いた、思い入れの強さなどをインタビューで語るだけある美しい歌詞ですね。

スポンサーリンク

タイトルの意味

タイトルの三文小説」とは「文学的に価値のない小説」という意味の言葉です。

主人公・望美の苦悩しながらも前向きに生きて行こうとする姿、そしてそばで見守る人たちの想いが綴られた魂を揺さぶる楽曲になっています。
文学的には価値はない、この広い世界からみたら小さなことではあるけれどそれに関わる人々の中ではその一瞬一瞬がかけがえのない大切なものである、という反対の意味が込められているのではと考えられる歌詞です。

スポンサーリンク

歌っているのは女性?!

まるで歌っているのが女性の声ようだと話題になっています。

King Gnuはインタビューの中で主題歌の制作秘話として、曲を作るにあたり歳をとった中で湧き上がる感情にフォーカスしたドラマのストーリーとリンクさせたバラードでものすごいものを作ろうと思ったことを話しています。

肝心の声についてですが、もともとは低いキーの予定だったそうですが制作過程でどんどん上がっていってハリのある女性のような声になっていったこと、そして柴咲コウさんを入れて歌っていたことを明らかにしています。

声は女性的ですが柴咲コウさんのこれまでの歌声とはまた異なるものであるように聞こえることからKing Gnuの井口さんご本人が高いキーで歌っていて、まるで柴咲コウさん演じる望美を憑依させているように歌っていた、と考えられます。

スポンサーリンク

発売は?配信は?

ドラマではエンディングの一番のみ流れましたが、早くフルで聴きたい!という方も大勢いらっしゃるようです。

もちろん私も早くフルバージョンで聴きたい!と思ううちの1人です。

10.11時点ではCDの発売やフルバージョンの配信の予定の情報は解禁されておりません。

わかり次第情報を追記していきたいとおもいます。

スポンサーリンク

まとめ

35歳の少女の主題歌「三文小説」ドラマの世界観にどっぷり浸っている中の絶妙なタイミングで流れてその曲の世界観とドラマの世界観に飲み込まれた人が多数いらっしゃるようでした。

あまりにも女性的な声で本当にKing Gnuの井口さんが歌っているの?!と話題になるほど。

また、歌詞もドラマの内容にリンクしたものとなっているとのことで、今後の展開が楽しみですね。

また、配信やCDについての販売情報はまだでていませんが、待ち遠しいですね。

最後までご覧頂きありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました