35歳の少女|脚本は湯川和彦で原作は?韓国ドラマのパクリはガセ! | Aki's Scrap Book

35歳の少女|脚本は湯川和彦で原作は?韓国ドラマのパクリはガセ!

仕事と暮らしメモ

こんにちは。10月10日から柴咲コウさん主演のドラマ「35歳の少女」がはじまりますね。

主題歌の「三文小説」を歌うのはあのKING GNUです!

スポンサーリンク

35歳の少女

ストーリー

ストーリーとしては10歳の時にブレーキの壊れた自転車によって事故をおこしてしまったことで昏睡状態となり、目覚めたのは25年後の35歳のとき。身体は35歳だが心は10歳というこのアンバランスな主人公である今村望美とその家族についてのドラマです。

出演者も坂口健太郎さんや橋本愛さん、田中哲司さんや富田靖子さんなど錚々たる顔ぶれ、そして主題歌はあの今をときめくKingGnuが歌うということでいまから話題となっていますが、なにより気になるのはそのストーリーですよね。

不慮の事故、目覚めたら周りの時間は進んでいた、自分の追い付かないきもちと周り楽しいギャップ…どんなドラマになるか今からワクワクですよね。

スポンサーリンク

脚本 遊川和彦

プロフィール

遊川和彦(ゆかわかずひこ)

生年月日:1955年10月24日

年齢:64歳

出身 東京

出身校 広島大学政経学部卒

職業 脚本家

代表作に「同期のサクラ」や「ハケン占い師アタル」「過保護のカホコ」などあります。話題作を次々世に送り出した脚本家だからこそ、次の「35歳の少女」もきっと話題になることでしょう!

スポンサーリンク

韓国ドラマが原作?!

最近は小説や漫画原作のドラマが多くなっていますが、こちらの作品には原作はあるのでしょうか。

調べたところ原作はなく、湯川さんの完全オリジナルストーリーのようです!

ではなぜ一部で韓国ドラマが原作では?と言われているのか、調べてみると冒頭が少し似ているドラマがありました

30だけど17才です

韓国ドラマ「30だけど17才です」の、あらすじは、主人公ソリは、17才の時に交通事故に遭ってしまうところからはじまります。そして、そのまま昏睡状態に陥り眠り続けました。そんなソリが、13年後突然眠りから覚めました。家族や周囲の人間は驚くと同時に喜びますが、しかし、彼女の言動がおかしいのです。体は30才になっていたソリですが、実は心は17才のままだったのです。

一方、ソリの交通事故を目の当たりにした初恋の相手である少年ウジンはソリが眠り続けている間ずっとトラウマを抱え心を閉ざしてしまいます。

このドラマでは13年越しの初恋が動き出すラブコメです。ヒロインはとてもメンタルが強くとても明るい女性ですが、初恋の男性は社会をシャットアウトして生きるヒロインとは真逆の性格。そんな二人が周囲を巻き込み、観ている人の笑いと涙を誘います。

一方、「35歳の少女」はラブコメではありません。冒頭は似ている部分ありますが、全くの別物でしょう。

スポンサーリンク

漫画が原作?

大人スキップという松田洋子さんの漫画が似ている描写があるので紹介したいとおもいます。

大人スキップ

漫画「大人スキップ」のヒロインのキコは、14歳の時事故に遭い頭を打ってしまい、そのまま昏睡状態になり眠り続け目覚めると40歳になっていました。キコは一人っ子で目覚めるとパパもママも、さらには友達もいないのです。

漫画「大人スキップ」です。漫画「大人スキップ」のあらすじは、ヒロインのキコは、14歳の時事故に遭い頭を打ってしまいます。

そして、そのまま昏睡状態になり眠り続け目覚めると40歳になっていました。キコは一人っ子でした。目覚めるとパパもママもいません。友達もいないのです。

「いきなり大人にならなきゃいけないなんて悪い夢を見ているみたい」14歳だったのに、青春も経験できずに40歳のおばさんになってしまったキコは、絶望しますが、そんな時に、同じ病院に入院している「くろけー」と出会います。

くろけーは、10歳年下だけどお姉さんみたいに、キコが大人になるのを助けてくれます。キコはくろけーに手伝ってもらって人生のやり直しを始めます。

事故からの昏睡状態で目覚めたら大人になっていた、と言う部分が似ているため、原作は漫画からだと言う方もいるのではないかと考えられますが、「35歳の少女」は35歳で目覚めた主人公とその家族についてのドラマなので別物と考えてよさそうです。

スポンサーリンク

まとめ

韓国ドラマや漫画が原作?!といわれることもありますが、このドラマはヒットメーカーである湯川さんの完全オリジナルストーリーの家族の物語であるといえます。

10月10日からヒット作を飛ばし続けた湯川さん脚本、そして主題歌はKingGnuの新ドラマということで話題になること間違いなしでしょう。楽しみですね!

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました