Fukaseの演技は下手?上手い?映画キャラクターの評価や次回作は? | Aki's Scrap Book

Fukaseの演技は下手?上手い?映画キャラクターの評価や次回作は?

仕事と暮らしメモ


こんにちは。

6月11日(金)公開された映画
「キャラクター」
音楽グループ「SEKAI NO OWARI」
のボーカルであるFukaseさんが
殺人鬼役として出演されています。

人気音楽グループである
SEKAI NO OWARIのボーカルとして
その音楽や独特の世界観、
キャラクターでファンや音楽を
聴く人々を楽しませています。

そんなFukaseさんが初めて
俳優として映画デビュー
いうのですから、
わくわくしているのは
きっとファンだけではないでしょう。

しかし、俳優ではなくFukaseさんは
アーティスト、それも初めての
俳優としてのお仕事が映画という
大役です。

肝心の演技のほうは
いかがなんでしょうか。

実際に映画「キャラクター」
みた人々の声や、
Fukaseさんの映画「キャラクター」
かける想いなどから
Fukaseさんの演技力について
みていきたいと思います。

最後までお付き合い頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

「キャラクター」Fukaseの前評判は?

はじめての映画デビューということで
何かと話題になっていたFukaseさん。

「合っていそう」「はまり役」
「見てみたい!」
など期待の声が
上がるなか、やはり

・いくら脚本が良くても、いくら菅田将暉が演技上手くても、深瀬の演技が下手だったらダメじゃんっていう役どころだよね
・フカセの演技ちょっと見たけど下手くそだったよ。なんで抜擢されたのか…
・フカセは超ハマるかド下手か両極端だと思う
・なんでフカセになったの? 歌手じゃん。歌手が映画に出るってなんだかなぁ。素人見てる気持ちになる

など否定的、映画の成功を不安視する
声もあがりました。

さて実際見てみた人の
感想はいかがだったのでしょうか?

スポンサーリンク

「キャラクター」をみた人々の感想は?

「ドキドキが止まらない!」
「面白い!」などの感想のなかに
やはり映画デビューしたFukaseさんの
演技の感想がけっこうありますね。

「Fukaseさんの演技がよかった」
「サイコパス」
「演技力高すぎる」
などの
感想がかなりみられました。

なぜ殺人鬼役にFukase?

他にも演技力やオーラがある
俳優がたくさんいるなか、
なぜFukaseさんがカギとなる
殺人鬼役に大抜擢されたのでしょうか。

その理由としては次の4つの理由が
あります。

①役者経験がない

Fukaseさんはずっとアーティスト
としてSEKAI NO OWARIのボーカル
して活躍してきました。

今回の映画は初出演ということで
1年以上の期間をかけて演技
レッスンをうけたそうです。

そりゃあ、自信を持った状態で
臨んだ映画撮影、深瀬さんの演技力に
期待しますよね。

②知名度が高い(大勢の国民に認知)

SEKAI NO OWARIといえば、
2007年にデビューし今年で
デビュー14年になります。

これまでドラマや映画の主題歌に
数多く選ばれてきたことや、
有名歌番組の出演などもあります。

多くの人々にその音楽や世界観を
認知されていることから
選ばれたと言っても過言では
ありません。

③人を殺しているかもしれない雰囲気

※あくまで雰囲気です。

本人のもっている怪しげな雰囲気
などから殺人鬼役にぴったり!
と白羽の矢が立ったと考えられます。

Twitterなどをみてみても
「ぴったり!」「サイコ役は当たり!」
などと当たり役であったと
評価する声が多数です。

④芸術的な人物

Fukaseさんといえば
ものづくりに対して
熱心でストイックなイメージが
あります。

過去にインタビューで
「ライブを楽しいと思ったことはない」と話したことがあります。

自身は「相手が楽しんでくれていないって状態ってすごく不愉快、気持ちが悪くなっちゃうタイプ」と分析し、「楽しむのは一番自分が最後でいいんじゃないかなと思って」と続けた。ファンを満足させることがを第一に考えるため、「僕がライブが終わった後に楽しかったとか充実したみたいな、気持ちよかったって思ったことは1回もないです。ライブ中に楽しいと思ったことないですね。やっぱりそれどころじゃない」とした。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/
news.yahoo.co.jp/amp/articles/
d1d0a071eeb495d8639a8cf
9782ff841e8311547%3Fusqp%
3Dmq331AQFKAGwASA%253D
スポンサーリンク

「キャラクター」あらすじ

「キャラクター」は長崎尚志さん
漫画原作、映画プロデューサーとして
川村元気さん、
ドラマプロデューサーとして
村瀬健さんという3人のヒットメーカーが
なんと10年もの歳月を費やして
構成した完全オリジナル作品です。

3人の考えた
「もしも売れない漫画家が
殺人犯の顔を見てしまい、
その顔を〝キャラクター〟化して
漫画を描いて売れたとしたら…」
という着想を軸に、
登場人物たちが交差していく
ダークエンターテイメントです。

スポンサーリンク

まとめ

SEKAI NO OWARIのFukaseさんの
初出演となる映画「キャラクター」
についてまとめてみました。

ほとんどが好意的な意見、
演技力があった
という意見でした。

これはもしかしたら別の作品にも
俳優・Fukaseとしてドラマや
映画に出演ということも
今後ありそうですよね。

最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました