エアリズムマスク売り切れ続出!感謝祭でみたUNIQLOの人気の理由 | Aki's Scrap Book

エアリズムマスク売り切れ続出!感謝祭でみたUNIQLOの人気の理由

仕事と暮らしメモ

UNIQLOが普段のお客様へのご愛顧に感謝する意味で行われる「UNIQLO感謝祭」

定番商品や話題の商品が大幅値下げされるとあって、チラシやネット広告が出るとみんな一気に沸き立つイベントですよね。

UNIQLOといえばエアリズムやヒートテックなどが有名ですね。
わたくしアキも暑がりの寒がりなのでエアリズムやヒートテックは手放せません。
もはやこれなしの生活は考えられないくらい!

服のデザインはコラボ商品もありますが、基本的に誰がきても似合うベーシックなものを手に取りやすい価格で、が基本。

なぜここまでUNIQLOはアパレルのトップをひた走り続けられるのでしょうか?

また、UNIQLOが生み出した「新しい常識」も一緒に紹介できたらと思います。

スポンサーリンク

UNIQLOが売れ続ける理由

もともと高いものを安く売る

これまでブランド物=質の良いものという考え方が常識のようなところがありました。
しかしそれを一気に覆したのがUNIQLO。

1998年に起こったフリーズブームがUNIQLOの大きな転機となります。

例えばこのように、これまでフリースはアウトドアブランドのもの、1万円以上と高価なイメージでしたが、UNIQLOはまさかの1990円で売り出すという驚きの行動にでたのです。

今では当たり前といえば当たり前ですが、当時としては常識を覆す驚きの価格でした。2001年の秋冬には2600万枚を販売するという、フリースで社会現象をまきおこしたのです。

低価格の高品質

さきほど高価格だったフリースを、まさかの2000円を切る、5分の1の価格で売り出したということは書きました。
しかし、安かろう悪かろうではその時限りで客足は次第に遠退くことは目に見えています。

しかし、UNIQLOは違います!
質の高さにもこだわりを持ち商品開発を行っているのです。

近年の例でいえばジーンズが挙げられます。
履き心地、素材、加工どれをとっても妥協せず、それでいながらその時々のトレンドを取り入れたあり方、作り方を続けるその姿勢がUNIQLOの強みです。

UNIQLOの3900円のジーンズに対して、高価格ジーンズブランド幹部が品質に遜色ないとコメントしたというエピソードは有名ですね。

なぜそんな、高品質なものを安く売ることができるのかというと、圧倒的なスケールメリットを生かした調達力ベーシックなデザインにあります。

流行のあるデザインの服は毎年作り続け、万が一売れ残った場合、在庫を抱えてしまうことになりますが、流行のないベーシックなデザインであればこれらの心配はなくなりますよね。

ブームという不確実なものに流されない強さ

また、大量に生産する流通システムを確保し、早く確実に消費者に届ける仕組みづくりをしています。


それらを活かして高品質な服を安く提供することができるということです。

スポンサーリンク

新しい常識を生み出す力

ヒートテック

例えば冬になると服のなかに仕込む「ヒートテック」。
今でこそ当たり前の存在ですが、昔は当たり前どころか、どこか隠すような存在

そう、女性でいう「ババシャツ」です。暖かい、けれども「ババシャツ」というそのネーミングと若者間での知名度やイメージで広まることはありませんでした。

ババシャツって言うと、なんかおしゃれじゃない…

しかし、そこで立ち上がったのがUNIQLOです。
自らの熱や汗で発熱する「吸湿発熱」という化学の力をパワーアップさせるだけでなく、より沢山の水分を吸水できるよう化学繊維の素材にまでこだわりました。

これで終わりではありません!
肝心なのはそのネーミング!!

「ヒートテック」というこれまでなかったオシャレさを感じさせるネーミングをつけ、UNIQLOユーザーや若者をはじめとする多くの人にその暖かさを届けたのです。

2019年の時点で販売枚数10億を突破したという記録はその人気を物語っていますね。

エアリズム

夏に汗をかくと、ジメッと下着が張り付く感覚、あれは嫌ですよね。

汗で一日中ベタベタする〜

それを解消したのがUNIQLOのエアリズムです。
汗をかいてもサラッと感が続くという新感覚から発売以来人気を博しています。

その仕組みは触れたところが冷たく感じる接触冷感機能に加え、素早く汗を乾かす速乾性、風を通す通気性などなど。

現代科学の賜物ですね。

2012年に発売以来(その以前までは男性はシルキードライ、女性はサラファインとして販売されていた)その人気は留まることを知らず、毎年進化を続けています。

企業努力の賜物だね

マスク需要が高まる中、エアリズムの素材でマスクを作り、販売したことが話題となりました。

今求められているものは何かを素早く察知し、それをすぐに作る行動力もUNIQLOの持ち味といえますね。

エアリズムで作ったマスクは大人気で、整理券の配布や売り切れが続出しているそうです。

スポンサーリンク

まとめ

  • UNIQLOは高いもの、高品質のものを安く売る販売方法で一気に人気に!
  • 新しい常識を作り出し、人々の生活に浸透していく影響力の強さ
  • ヒートテックやエアリズムは今や人々の生活になくてはならないものにまでなった

UNIQLOはこれまでの服や下着のあり方を大きく変えた存在と言っても過言ではありません。
低価格で高品質なものを提供するために企業努力を惜しまない、その姿勢に脱帽です。

さーて、感謝祭に行ってこよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました