東京うこっけいはどこで買えるの?飲めるプリンの通販は?【青空レストラン】 | Aki's Scrap Book

東京うこっけいはどこで買えるの?飲めるプリンの通販は?【青空レストラン】

グルメ

こんにちは。

7月11日土曜日放送の「青空レストラン」で東京の立川で育てたたまご「東京うこっけい」がしょうかいされますね。

スポンサーリンク

伊藤養鶏場ってどこにある?

伊藤養鶏場

東京都立川市西砂町1-67-7

電話 042-531-6587

FAX 042-531-9009

東京の立川駅から徒歩12分のところにあり、東京の立川で7000羽の雛と成鶏を飼っています。ここで東京のこだわりの烏骨鶏が飼われ、烏骨鶏たちが濃厚な卵を生んでいるのです。

雛から生育し餌にこだわる

それぞれの成長段階に合わせて餌の配合や種類を変えているとのこと。

雛のうちから体づくりをしっかりすることで栄養価の高い卵が生まれるわけですね。

スポンサーリンク

東京うこっけいとは

江戸時代に中国から伝来した鳥で肉や骨は薬膳や漢方に活用されてきた品種です。

肉や骨は昔から活用されてきましたが、その一方産卵率はあまりよくなく一頭あたり年間50ー80個しか卵を生みませんでした。

現在は品種改良により味と産卵率の向上を目指し年間約200個産むまでになりました。

卵の大きさは?

卵の大きさは一個あたり40g、一般的な卵のサイズMサイズ(60g前後)と比べるとSSサイズと、とても小ぶりな卵です。

卵の味は?

しかし、肝心なのは大きさではなく味です。

うこっけいの卵の味は小さいながらも栄養価が高いだけではなく、味も濃厚で抜群です。

その濃厚さから、卵かけご飯に適しているといわれ、育てている養鶏場も卵かけご飯でぜひ食べて欲しいと勧めているほど!

スポンサーリンク

贅沢なプリン

伊藤養鶏場の加工食品ブランド「Totto fa-mu」(トットファーム)では貴重なうこっこけいを贅沢に使ったプリンを作っています。

「飲めるプリン」ともよばれることからその濃厚さととろっとろ具合にイチコロになってしまうこと間違いなしです!

その濃厚な卵を使ってこだわりぬいた贅沢なプリンは自分へのご褒美にも、ちょっとした手土産にもぴったりです。

※こちらは楽天での通販でのお取り扱いはございませんので、直接お電話かメールフォームにてお問い合わせ願います。

値段は?

4個で1752円、6個で2628円、8個で3504円です。(送料別、チルド発送)

烏骨鶏の卵はどこで買えるの?

烏骨鶏のたまごは伊藤養鶏場ではもちろん、通販や公式ホームページ(下にリンクあり)での購入が可能です。

(公式ホームページ)です

①楽天の通販



伊藤養鶏場のたまごについては楽天での購入が可能ですが、プリンについては公式ホームページからの購入となります。(上記の値段は送料別、チルド発送です)

②電話

営業時間9:00ー17:30の間での電話でのお問い合わせによる購入も可能です。電話番号は【042-531-6587】です。

おかけ間違いのないようにご注意ください。

③メールフォームでのお問い合わせ

公式ホームページ内のメールフォームで商品についてのお問い合わせで購入することも可能です。

メールフォーム内に必要事項(注文、住所、氏名、メールアドレス、電話番号など)を入力の上お問い合わせください。

スポンサーリンク

まとめ

作り手のこだわりが伝わる卵でしたね。これで卵かけご飯をたべたら最高に美味しいんだろうなぁと思いました。

プリンも、濃厚で「とろけるとろっぷりん」と言われるのも納得のとろけ具合と濃厚さで、たべた人を魅了してしまうのまちがいなし!

是非一度ご賞味ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました