ブランチアウトがぴえんを商標登録するのはなぜ?使用料はいくら?! | Aki's Scrap Book

ブランチアウトがぴえんを商標登録するのはなぜ?使用料はいくら?!

仕事と暮らしメモ

こんにちは。アキです。

いま若者に人気の言葉である
「ぴえん」が商標登録される?!
ということで
ニュースになっております。

スポンサーリンク

ぴえんとは?

ぴえんとは、
泣きたい様子を表す若者言葉で、
目を潤ませた絵文字とともに
使われることが多いです。

この言葉は「2020年上半期
インスタ流行語大賞」

流行語部門の1位にも
選ばれたもので、
若者をはじめ多くの
人々につかわれています。

絵文字では「Pleading Face(訴えかける顔)」で登録されているんだって

スポンサーリンク

ぴえんを商標登録しようとしている会社は?

ぴえんを商標登録
しようとしている会社は
アパレル会社
「ブランチ・アウト」
(東京都渋谷区)です。

1997年設立で、
主な販売先はしまむら、
ハニーズ、イオンリテール、
ドン・キホーテなどです。

でもなんでみんなが使うぴえんを登録しようとしたの?

「当社卸先より、本件商標に関して商品化の依頼がありました。

当社としては権利が不明なものに関して、商品化が出来ないという見解でおりますので、権利を確認した上で、商標登録出願に至っております。

また商標の権利が不明でお取引先様に訴訟等でご迷惑をお掛けしないという保険的な意味もございます」

 引用 YahooNEWSより

つまり、権利がないものは
取引先に迷惑かけるため
商品化できないという考えのもと、
権利がないなら自分たちの
ところで権利を得よう
という考え方のようです。

ぴえんぴえん

スポンサーリンク

みんなの声

これに対して
みんなの考えなどをみてみましょう

結構否定的な意見が多いですね。

みんなが使うものに対して
独占して商標登録しようとする
その気持ちがよくないという
意見が多いようですね。

スポンサーリンク

商標登録されたら使えない?!

「ぴえん」が商標登録されたら
もう今のようにメールや
Twitterでつかえなくなって
しまうのでしょうか?

商標権とは
ある言葉の使用を独占できる権利
ではなく、
ある言葉の商品やサービスの
営業標識としての使用を
独占できる権利です。

つまり、商標登録によって
「それが使えなくなる」
ということではなく、
「商品として許可なく
販売できなくなる」
という意味です。

商標登録されてしまうの?!

結論からいうと、
その可能性は低いです。

第一に広く使われている流行語は
「需要者が何人かの
業務に係る商品又は
役務であることを認識する
ことができない商標」
(商標法3条1項6号)
として拒絶する特許庁の
審査運用が一般的に
なっているからです。

第二に、すでに
他のところが登録申請していて
断られています。

今年の3月に今回とはまた
別の企業がおもちゃ等を
指定商品にして出願していますが、
実は、この出願にはもう
拒絶理由通知書
(拒絶査定になる前の暫定的な拒絶)
が出ていてやはり、
先程あげた最近の審査運用に
従い3条1項6号による
拒絶理由が通知されています。

なので、今回も同じ理由で
申請が通らない可能性の方が
高いといえます。

スポンサーリンク

まとめ

ぴえんが商標登録?!
使用料かかるの?!

ということについては、
商標登録の申請が通る可能性は
商標法3条1項6号に則り、
また、これまでも申請してきた
会社が同様の理由で
断られている
ことから低いでしょう。

また、商標登録が
仮にされたところで、
一般的にメールや、
Twitterで日常会話などで
使う分には何も問題なく
使用料なしで使うことが
できます
ので、安心してください。

最後までご覧頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました