岡副麻希は色黒?黒すぎる理由は水泳のせい?昔の色白美白写真は?【深イイ】 | Aki's Scrap Book

岡副麻希は色黒?黒すぎる理由は水泳のせい?昔の色白美白写真は?【深イイ】

仕事と暮らしメモ

こんにちは。

11月30日(月)の
「一分間の深イイ話」に
黒すぎるキャスターといわれる
岡副麻希(おかぞえまき)さんが
出演します。

岡副麻希さんといえば、
キャスターにしては珍しく、
黒く焼けた素肌が印象的です。

その黒さは女版松崎しげるとまで
言われるほど!

さて、そんな岡副麻希さんは
肌が黒いキャスターとして
有名ですが、どうして
黒いのか
知っている人は
意外と少ないのではないでしょうか。

今回は岡副麻希さんの
お肌が黒い理由と、
昔から黒かったのか?
についても調べてみようと思います。

最後までお付き合い頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

岡副麻希

プロフィール

https://www.google.co.jp/amp/s/
www.sponichi.co.jp/entertainment/news/
2020/07/30/kiji/20200730s00041000490000c.html%3famp=1
  • 本名 岡副 麻希(おかぞえ まき)
  • 生年月日 1992年7月29日
  • 年齢 26歳
  • 出身地 大阪府富田林市
  • 血液型 A型
  • 身長 164cm
  • 活動内容 フリーアナウンサー、キャスター
  • タレント事務所 セント・フォース
  • 出演 『めざましどようび』、『めざましテレビ』など
スポンサーリンク

岡副麻希の肌が黒いことについて

岡副麻希についての肌の黒さに対してのコメント

やはり岡副麻希さんといえば
「黒!」なんですね。

すっかり定番化し、
一部ではネタのように使われています。

スポンサーリンク

岡副麻希の肌が黒い理由

岡副麻希の肌が黒い理由①水泳

岡副麻希さんの肌が黒い理由として
まず水泳が挙げられます。

特技に水泳を挙げるほど
泳ぎが得意なようで、
大学時代には『早稲田大学水泳同好会』
フィンスイミングサークル『SIXBEAT』
に所属していました。

室内プールもありますが、
やはり屋外プールもあります。

屋外で水泳を楽しむと
どうしても日焼けは免れられませんよね。

そんな岡副麻希さんの水泳の実力ですが、
大学在学中の2012年に開催された
『第24回フィンスイミング日本選手権』
女子1500mビーフィンという種目で、
優勝する程の実力を持っています。

優勝ってすごい!

岡副麻希の肌が黒い理由②サーフィン

こちらの画像は、岡副麻希さんが
番組内でサーフィンに挑戦した時の
画像です。

この画像が投稿されたのは2015年なので、
岡副麻希さんが大学を卒業したばかりの
頃でしょう。

番組でサーフィンに挑戦したことが
きっかけでサーフィンが趣味に
なったようです。

もともと水泳や水球など
マリンスポーツが得意とのことで、
上達が早かったのかもしれません。

スポンサーリンク

岡副麻希の昔と今の比較

岡副麻希の高校時代

こちらが高校時代の、岡副麻希さんです。

高校生らしいあどけなさもありながら
岡副麻希さんの、
面影はしっかりあります。

色については、今ほど黒くはないようです。

高校時代に入っていた部活は不明ですが、
幼い頃の夢が水泳選手だったため、
おそらく高校でも水泳部に
入っていたのではないでしょうか?

岡副麻希の美白時代

こちらが岡副麻希さんが
色白だった頃の画像です。

現在の岡副麻希さんと比べてみると、
肌の色がとても白いことがわかります。

アナウンサーという職業柄、
日焼け対策に気をつけるよう
言われていた頃でしょうか。

今の黒い岡副麻希さんを見慣れている
状態だと少し違和感ありますが、
かわいいことに変わりありません。

これらの写真をみると、
地黒というわけではなく、
日焼け対策をあまりしないで
日に焼けてしまった肌の黒さという
ことが、わかります。

また、岡副麻希さんは
子供の頃からあまり
日焼けを気にしたことがなく、
ありのままの肌で勝負、というわけですね。

こちらが現在の岡副麻希さんです。

夏に焼けたであろう黒い肌が
また岡副麻希さんらしく
魅力的ですね。

日焼けなんてへっちゃら!
なんのそのな岡副麻希さんは
この黒さもあっての魅力です。

スポンサーリンク

まとめ

岡副麻希さんの肌が黒いことについては
地黒というより
趣味のサーフィンや
水泳によって日に焼けたことによる黒さと
いうことでした。

一部でネタにされることもありますが、
それも含めて岡副麻希さんが
肌の黒さも含めてファンの方や
視聴者の方に愛されていると
いうことですね。

最後までお付き合い頂き
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました